に投稿 コメントを残す

改めてはじめっから、再学習。

こんばんは!

何を「再学習」と思われると思いますが、

 

ここまで来てよくよく考えたら、

ASP”Application Service Provider”のSEOとAnalyiticsの設定を

再度ASP提供の資料を読んできちっと学習・確認をしなければと、

感じるようになってきました。

 

先日からSEOとAnalyiticsの設定を調整しているのですが、

相も変わらずいまいちパッとしない。

 

なぜか答えは簡単でPlugInのデータとASP”Application Service Provider”の

それぞれのデータに齟齬(そご)があるので、

多少ならばSystemの誤差と認めるのですが私の場合、

余りに大きいので何か基本的なところが間違って設定をしていると、

考え始めましたので、

本日のタイトル「改めてはじめっから、再学習。」と題を打ちました。

 

System同士のデータのLinkはきちっと応答をしているのですが、

計測結果値がめちゃめちゃです。

 

何がいけないか。

各項目の細かな設定に私のバグ(脆弱性)が認められます。

我流でやっているので正しい設定ができていない。

だから結果に結びつかない。

 

2018年9月22日からそれを始めます。

 

検証というよりは再学習です。

それが終わったら、

先日AWSの再起動させたSystemのパラメータの確認、

とにかく概形化されたものは出来上がったのですが、

肝心要のSystem上の私の設定にバグ(脆弱性)が認められます。

 

契約レンタルサーバー会社様から

「はじめっからやり直したほうが良いのでは。」と、

先日の”403 Forbidden”の応対をいただいたときに、

助言をいただきました。

 

それでシンメトリックに考えていくと、

はじめっから再学習をしてから、

正しい知識で確認・検証に入った方が正確に行くので。

 

所謂、「急がば回れ」の諺のごとくに実行したほうが、

立ち向かっている問題を早く解消できると思えます。

 

いろいろとありますが、

兎に角、実行あるのみ。

 

本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

できましたら、「応援ポチ」を一ついただけると幸いでございます。

 

では、失礼いたします。

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください