Now is on a system base chack and testing.

簿記の基本は、しっかりとした記帳から。

こんにちは!

 

簿記学や会計学を教えるつもりは毛頭ございません。

 

正しい複式簿記の取り方は、

原則、

現金出納帳に一つの取引ごとに、記帳をしていく。

ここからがスタートです。

 

一般に日本人は複式簿記を日々の家計簿に導入は、

しておりません。

 

欧米では、ごく自然なことなのです。

 

簿記のことを英語では、

”Bookkeeping”と呼びます。

 

すなわち、記帳ということです。

 

棚卸(たなおろし)という単語を聞かれた方は、

多いと思います。

 

その会社の締め日の晩から、期末残高を数えだします。

所謂、在庫の確認です。

 

入出庫管理表と云うものをご存知の方、

どのくらい、いらっしゃいますか?

 

お金の残高と在庫の残高が、その期末の資産の状況です。

 

その残高と実際の数量の一致をもって良しとする。

 

たったのこれだけです。

私の伝えたい原則は…。

 

日々の記帳をしっかりとして、

以前保険会社に勤めていたことがあります。

 

そこでは、一日ごとに締め日として、

会計数値に齟齬が出ないようにしています。

 

一般に会計原則で、そのような通達があったはず?

 

担当期間が長くなればなるほど、

どんな人でも、数円レベルの齟齬が出てきます。

 

私風の簡素なコトの行い方。

 

ZEROベースで物事を考える。

 

必要な時に必要な価額を入金処理又は振替処理を

すればよいと云うコト。

 

1円単位で正確に計測できますので。

 

規模が小さいのでそれは可能ですが、

スーパーマーケットやホームセンターのようになってくると、

この様にはできませんが、

基本は同じなので。

 

簿記原論のそれ。

 

とはいえども、

令和2年会計年度の結果は赤字だったので、

お手付きは、あと2回残すのみ。

 

赤字なので、

借入金の申請をしなければならなくなりました。

 

この際、思い切って政府系列のその事業所に申請をします。

 

これから、事業計画書並びに計算書、予定表などと、

忙しい日々が始まります。

 

やるコト、目論見はできておりますので、

その数値の裏付けとなる上述のものの準備が必要になってきます。

 

先日、事業内容の変更に伴う事実を告知すべく、

当該官公署へ伺い、収受の印を頂いてまいりました。

 

「アフィリエイト」から「フリーランス」へ変更です。

 

アフィリエイトは、お金にならない。

95%以上の参加者が、負け組の世界です。

 

やってできないまたたいへんならば、

別のもう少し効率の良いことを行えばよい。

 

それが私の場合は、

一般刊行物の出版、CMSの講座、

英日・日英翻訳またHP作成代行などと。

 

自分にあるスキルを人に買ってもらう。

 

ここから再スタートしなければ。

 

本日も最後までお読みいただき、

誠にありがとうございます。

 

では、失礼いたします。

error: Content is protected !!