投稿日:

昨日の特電法について。

こんばんは!

 

今日は、普通の木曜日でした。

 

特段に投稿するトピックもなく、

今日はなぜメルマガ・アフィリエイトが、

難しいかを綴りたいと思います。

 

本日は、特電法すなわち以下の通りです。

 

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律

(施行:平成14年7月1日:日本法令抜粋 [Wikipedia引用] )

 

=目次=

第一章 総則(第1条・第2条)

第二章 特定電子メールの送信の適正化のための措置等(第3条 – 第13条)

第三章 登録送信適正化機関(第14条 – 第27条)

第四章 雑則(第28条 – 第32条)

第五章 罰則(第33条 – 第38条)

附則

 

行政処分・罰則

行政処分 総務大臣:規制内容を遵守していないと認められる場合、是正を求める措置命令を行う

 

罰則

以下、主なものを挙げる。なお、平成20年法改正により、一部の違反につき法人に対する罰金が大幅に引き上げられた。

1年以下の懲役又は100万円以下の罰金(法人は3000万円以下の罰金) 送信者情報を偽った時(34条1号)

7条の規定に基づく措置命令(受信者の同意等の記録保存に関するものを除く)に違反した場合(同条2号)

 

100万円以下の罰金 7条の規定に基づく措置命令(受信者の同意等の記録保存に関するものに限る)に違反した場合(35条1号)

28条1項の規定に基づく報告・検査の拒否、もしくは虚偽の報告をした場合(同条2号)

(Wikipedia引用)

 

先日、ペナルティ・リスクの事について触れましたが、

上記の規定があるからです。

 

メルマガを行いたい方に助言として、

最低限守らなければならないことをお知らせします。

 

上記Wikipedia引用を要約すると以下の通りです。

 

〇基本的なところ

 

■メルマガ等に関する法律

・商用目的のメールには、法律があります。

・特定電子メール法

 

違反すると

・個人の場合:100万円以下の罰金刑

・法人の場合:3000万円以下の罰金刑

 

〇義務付けられていること

・許可を得ていないアドレスへの送信は禁止

・以下の事項を毎回標記すること

1.名前(本名)

2.住所(1.の居所)

3.問い合わせ先(あなたのメール・アドレス)

4.解除URL又は解除方法(必須

 

上記の通りですので、

その道の達人のいわゆる先発組の方々のトップ・グループの方々の講義を

聞くことをお勧めします。

 

本日も、最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

できましたら、「応援ポチ」をひとつお願いいたします。

 

ご意見また感想などございましたらコメントいただけると幸いでございます。

 

では、失礼いたします。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください