投稿日:

2016 十三夜

こんばんは!

 

 

十三夜とは

 

旧暦の8月15日の夜を十五夜といい、その夜の月のことを

「中秋の名月」と呼びます。

 

そして十三夜とは旧暦9月13日の夜のことで、中秋の名月の

次の満月であるために、その夜の月は「後(のち)の月」と

呼ばれています。

 

「後の月」という呼び方の他にも、お供えする豆や栗にちなみ

「豆名月」「栗名月」などと呼ばれることもあります。

 

十五夜と十三夜は1年で最も月がきれいに見えるため、昔から

宴会などが開かれて月を鑑賞してきました。

 

13個のお団子と豆や栗などをお供えし、すすきや秋の七草を

飾って、秋の収穫に感謝しながら月を楽しみます。

(orange情報舎「2016年の十三夜はいつ?片月見とは?当日の天気は?」:引用)

 

ちょうど、良い天気でよかったです。

 

薄い雲が今晩の夜空はかかっていますが、

きれいな夜空です。

 

今年初めて知ったことなのですが、

「片見月」の意は、

十五夜と十三夜の片方の満月しか観賞することができない年のことを指し、

縁起の良い年ではないこととして考えられていたそうです。

 

今年は、十五夜と十三夜の両方の月が観賞できたので、

昔の習わしから云うと良い年ということになりますね!

 

「残された10月の日、11月と12月に何か良いことがあってほしい」

と、願うところです。

 

今年もあと2か月半です。

 

そろそろ、仕上げの時期に入らないと…。

 

本日も、最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

できましたら、「応援ポチ」をひとつお願いいたします。

 

ご意見やご感想などございましたらコメントをいただけると幸いでございます。

 

では、失礼いたします。