投稿日:

WordPress歴10ヶ月経過。

こんばんは!

 

WordPressを使い始めてから10ヶ月が過ぎました。

 

やっと、使い慣れてきました。

 

そもそもWordPressとは、何なんだろう?

 

Wikipediaによれば、

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されている。b2/cafelogというソフトウェアのフォーク(後継)として開発、2003年5月27日に初版がリリースされた。GNU General Public License (GPL) の下で配布されている。

 

= 目次 =

1 主な特徴

1.1:ライセンス

1.2:テンプレート、テーマ

1.3:プラグイン

1.4:言語対応

1.5:動作環境

 

1.主な特徴

・PHPによる動的なページ生成

・標準添付のテンプレート等がウェブ標準に準拠

・記事への複数カテゴリー設定に対応

・カスタマイズ可能で検索エンジンフレンドリーなURL

・テーマによる簡単なデザインの切り替え

・プラグインによる拡張機能

・WYSIWYGによるエントリ編集

・投稿スラッグによるパーマリンクURL作成

 

1.1:ライセンス

WordPressは、プロプライエタリではなく、GPLに従い配布される、オープンソースのソフトウェアである。誰もがWordPressの開発に参加できる、という利点がある。

 

1.2:テンプレート、テーマ

WordPressのテンプレートはすべてPHPであるため、PHPとHTMLをある程度知っていれば容易にテンプレートをカスタマイズできる。テンプレートは多くの場合、ヘッダー部とサイドバー部、コンテンツ部、フッター部、に分けて記述され、1ページはそれらの組み合わせで表示される。WordPressでは、PHPテンプレートにスタイルシートを組み合わせたセットをテーマと呼ぶ。多くの無料テーマが、公式サイトのほかサードパーティから提供されている。テーマの中には、ページを構成する要素をメニューから選択できるウイジェットという機能が使えるものがある。

 

1.3:プラグイン

様々な機能をプラグインとして追加でき、サードパーティからも多くのプラグインが開発されている。プラグインはPHPで開発できる。

 

1.4:言語対応

WordPressはマルチバイト文字に対応しており、文字エンコーディングをUTF-8に設定することで日本語が利用できる。ただし、インタフェースに関してはすべて英語であるため、これを日本語化したWordPress日本語版が日本語版サイトでリリースされている。日本語版は基本的にインターフェースのみを日本語化したものであり、機能面での互換性は保たれている。

 

1.5:動作環境

PHP バージョン 5.2.4 以上(PHP 5.6 以上推奨)

MySQL バージョン 5.0 以上(MySQL 5.6 以上推奨)

(原文Wikipedia引用)

 

本日も、最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

この投稿の原文は、”WordPress”と”Wikipedia”をキー・ワードに、

Webで検索をかけると原文が閲覧できます。

より詳しく知りたい方は、検索してください。

 

では、失礼いたします。