投稿日:

Whoisの設定について。

こんばんは!

 

今日の確認事項は、Whoisでした。

 

私の場合、

レンタルサーバ会社とドメインを取得した会社が別なので、

設定の確認をしました。

 

すべての項目を統一して修正しました。

 

先日からOpenSSLやデジタル証明書云々ということが一気に解消しました。

 

Whoisに記載すべきことは、事実をありのままに記載し統一することです。

 

ドメインとレンタルサーバ会社が同一の場合は、この作業は不要になります。

 

理想としては、後者のやり方の方が良いと思われます。

 

特に第三者機関に公的機関から発行された証明書、

運転免許証やパスポートなどの身分を証明するもので個人を

各会社は確認をしていないので事実に即して記載すべきです。

 

Whoisを登録することで、

各会社がデジタル証明書を発行することになるので、

取り扱いは特に注意をしてください。

 

http://からhttps://へ移行の際、特にその点を注意ください。

 

物件における所有権の範疇に属することなので、

あえて強調します。

 

この場合の所有権は、著作権の所在が該当します。

 

また、他のサイトや一般刊行物などの文面や図を記載する際の注意点!

 

引用をする場合、

どこから引用したかを引用部の末尾に、

(〇〇〇会社HP引用)のように記載すれば問題はありません。

 

労働基準法に「中間搾取の禁止」があるので、

他者の著作物を引用する場合、上記のカッコ部の記載は忘れずに!!

 

今日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

本日はこのあたりで・・・。

 

できましたら「応援ポチ」をひとつお願いいたします。

 

失礼いたします。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください