さてと、もう少ししたら寝よう!

こんばんは!

 

先日からすったもんだと、

House Holedの1wでした。

 

鼻風邪をひいてみたり、

腰が痛かったり肩が痛かったりと…。

 

おかげさまで現在収束しつつある例のパンデミックの件、

経済的な打撃が大いようです。

 

それでもNIKKEI225は20,000JPYを復帰した模様ですね。

 

これから、

一般市民の生活様式が変わってきます。

 

今回のインシデントで、

テレワークの一般化が一般報道で見受けられます。

 

ということは何かというと、

「会社への通勤はだんだんと減少傾向に傾きつつある。」と、

いうことになると思います。

 

これから求められるスキルは、

パーソナル・コンピューターのスキル。

 

個人事業主として登録をして、

もう半年と1か月が過ぎました。

 

まだ、産声を上げたばかりのちいさな事業。

 

これは、あくまでも副業兼趣味です。

 

本業は未だ免状が下りていないので、

そろそろGETしないと。

 

令和になって、

早1年が過ぎました。

 

平成31年4月31日までが平成時代です。

その翌日の5月1日から令和の時代へと入りました。

 

新しい時代の幕開け、

TOKYO Olimpic Gameのはずだったのに、

グローバルに周知されているパンデミックの件、

残念無念の一言に尽きます。

 

高校生の野球をはじめとして、

各種イベントが次から次へと取りやめになっています。

 

合衆国や中国で新しい抗体が、

見つかった模様の報道があったことは、

もうご存じではと思います。

 

医科系の人ではないですが、

原理や仕組みの概論はおぼろげにわかります。

 

感染した人で治癒した人の血清を抽出して、

ゲノム解析を行えばと思うんですよ。

 

いくつものパターンが出てくると思うので、

今度は順列組み合わせをし且つ分類をして、

できてくる抗体を無毒化する。

 

臨床実験がどのくらいかかるか、

ここでAIとSuper Computerを組み合わせて、

解析をして適性の良いものを抽出すると、

答えに近くなると思います。

 

昔、私たちの国の名医で野口英世という方が、

ワクチン即ち抗体の発見をして、

難病を克服することに成功したという事例がありますから、

ほかの国での別のウィルスで抗体を見つけていらっしゃるので、

もうじきかと思うんですよ。

 

所謂、温故知新。

 

がんばれ、臨床検査医、研究員。

 

早く世界を救って、

正常に戻してください。

 

今まで培ったスキルや知識の発揮の時です。

 

南アフリカのエボラ出血熱の時どうしたかと、

参照されるのも一つ。

 

早く、自然に戻れるようにしてください。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

出来ましたら、「応援ポチ」を一ついただけると幸いです。

 

では失礼いたします。