レスポンシブル設定の大きな間違い

こんばんは!

 

やっと、見栄えが整ってきました。

レスポンシブルの基本として、

ShortCodeの取り扱いについての発見をしました。

 

Portfolioの設定についての注意書き。

 

ShortCodeの併用は避けた方が良いです。

と、云うのは、

MOVAでの閲覧に不具合が見受けられるので。

 

例えば、

PegeをShortCodeを用いてPortfolioに引っ張ってきても、

そのShortCodeは、MOVAには反映されません。

 

実際にVisualで体験したので、注意書きとしておきます。

 

Portfolio Pageには、直書きで。

 

PC等で閲覧されている方は、

MOVAでの閲覧で、

Portfolio Project Pageを閲覧してみて下さい。

 

「ページ作成ツール」、「キャッシュカード」と

「まなび・資格」の各ページが閲覧可能になりました。

 

話変わって、

AMPもだいぶ落ち着いてきた模様です。

 

SearchConsoleでのErrorがぐっと減少しました。

 

おそらくPlugInの設定が、

適正にできてきたといったところだと思います。

 

まだ試験的に設定をしているPlugInの機能確認を、

繰り返し行ってさらに正準化並びに最適な状態にします。

 

ASP”Application Servic Provider”様のサブスクリプション、

Analytics等の設定もほぼ軌道に乗ってきた模様です。

 

基本原則として、

PlugInをInstallする際に、以前も投稿しましたが、

検証が済んでいないものについては、

避けてください。

 

Errorの原因につながるので、

PlugInの組み合わせは微妙なので、

ことに注意を払って行ってください。

 

Errorが出た場合の復帰の仕方の一番簡単な方法。

 

FTPソフトで原因となったPlugInのFolderを削除するだけで、

簡単に元に戻りますので…。

 

それでもN.G.の場合は、

契約されているレンタルサーバー会社様のBackUp Systemで、

そのインシデントの前のSQLをRe-Loadしてください。

 

Themeの選定については、

それぞれのDevの方のまたはWordPressユーザーの方の目的に、

あったものを選定された方が、よいような気がします。

 

本日の投稿日記は、WordPressの応用編なので、

初心者の方には通じないと思いますが、

参考にしてください。

 

本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

できましたら、「応援ポチ」を一ついただけると幸いでございます。

 

では、失礼いたします。