4年に1度の閏年(うるうどし)の日

こんばんは!

 

2月も今日で終わりです。

 

個人事業主として、

会計計測の開始を始めて2か月が過ぎました。

所轄税務署さまより青色申告の認可をいただいて、

経費算入できるものが一つ計上できるようになりました。

 

1DomeinのSSLの適用にかかった価額がそれにあたります。

 

一般に会計計測期間は、

その年の1月1日から12月31日までを指しますので、

契約レンタル・サーバ会社さまの1月から3月までの使用料金は、

昨年の12月に処理を行ったので経費には参入しません。

 

簿記会計の前払金として扱い寄託買付を行ったので、

その資産(権利)を開始の日から期限の日までの間、

当該資産を償却するわけですから、

繰延資産として残存価額を計上することもできますが、

簿記検定(商業簿記)2級のテキストに載っておりますので、

そこまでこだわりたくないので計上は行いません。

 

売上は、未だにありません。

 

Pay Wallの設定も解除しました。

 

当然といえば当然で、

もうすでにお気づきとは思いますが、

「キャッシュレス・消費者還元事業」の

審査に通過することができたので、

ロゴの入ったバナーをアップしました。

 

私の場合は、

先日の2月26日から適用がされました。

 

メンバーシップ・ライトを購入すると、

支払い価額の5%が戻ってくるということになります。

現行では今年の6月の末日までと広告がありましたので、

それまでの間に参加されたい方は、

お早めに購入してください。

 

主にPay Wall以下のコンテンツは、

ITの情報や他のそれにまつわる事柄等に限定して、

展開をしてまいります。

 

現在、

先日の投稿日記の通りで、

サイトに不具合が生じております。

 

サイト・マップの不具合です。

 

DESK-TOP以外の端末での閲覧に、

不具合が見受けられます。

 

AMPの適用などいろいろと事情がありますので、

3月末までには解決する予定です。

 

どうなるかは、

試行錯誤して実行してみます。

 

当サイトはWordPressを用いたサイト作成並びに運用が、

主題ですので、

PlugInの組み合わせなども含めてご紹介いたします。

 

あくまでも私の体験談ですので、

すべてのユーザーさまに適しているとは、

思えませんのでヒントくらいの気持ちで、

お受け取りいただけると幸いです。

 

本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

できましたら、「応援ポチ」を一ついただけると幸いでございます。

 

では、失礼いたします。

やっぱり、行っておいてよかった。

こんにちは!

のんびりとした日曜日の午後。

 

お手製の焼き飯を食べて、

日記の投稿です。

先日、地元の商工会へ伺って、

確定申告についての線引きを

うかがってまいりました。

個人事業主と個人としての線引きの仕方。

P/LとB/Sの作成にまつわる話です。

個人事業主「フリーランス」として、

帳簿をつける際気を付けること。

専らプライベートとビジネスについては、

分けて経費に算入するかどうかを

お教えいただきました。

経費に算入することができるものは、

商店であれば、

お持ち帰り用の簡単な手提げバッグや

小分けする袋やテープなどの消耗品。

経費算入できるものは、

その事業にまつわる物品等。

例えば、店舗用のユニフォームやバッチなど。

あたり前なことのようですが、

案外、私的な事柄に用いる物品を

算入するケースがあるようです。

私の指針として、

ブログアフィリエイトでしかないので、

サーバー代やドメインそしてSSLの登録料、

システムに関連した
ASP”Apprication Service Provider”の使用料くらいに、

限定しようと思っています。

ただ、電子会計ソフトを用いる際に、

勘定科目に「事業主勘定」を使うとよいようです。

おのずとお分かりと思いますが、

きめ細かく金銭出納帳を付けておられる方も、

いらっしゃると思いますが、

「個人事業主 = 私」と考えて、

私自身のすべての資産、負債と資本の計測を

行うことになるそうです。

一般的にその年の元旦から大晦日までを、

一会計年度としその間の金銭の流れを

計測するものですが、

私の場合はそれにあたります。

期中に起業という方は専門家にお伺いください。

在住の商工会や商工会議所などでは、

無料の相談や指導をされておられますので。

副業 = ビジネス

ビジネス = 商店

商店 = ブログサイト( <= 私の場合 )

特に法人等に所属していない個人であれば、

それなりに知識があれば検定は、

持つ必要はないみたいです。

株式会社等の接待において、

経費で落とすからと、

たまに聞きますよね。

どうしてだと思いますか?

冒頭の「株式会社等の接待」と、

その法人の営業活動にまつわることだから、

経費算入できるんです。

 

お昼の休憩時間に、

食費補助をされる法人も多いと思います。

550円の弁当の消費税と本体の30%を負担して、

個人負担は350円、会社負担は200円と、

前者は天引きや現金にての精算、

後者は経費に、

福利厚生費として扱うことが…。

端的に云うと、

その事業の営業活動に必要な費用を

必要経費に算入することができる。

そんな風に考えて、

サーバー代金やドメインなどのサイト運用に

必要なもののみを経費算入とすることにします。

1乃至2以上の事業をお持ちの方であれば、

当たり前だろうと云われます。

個人事業主としては初体験なので、

あえてそのあたりの基礎的なことからの確認をしました。

意外と無頓着な線引き。

しっかりと仕切って行きます。

本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

できましたら、「応援ポチ」を一ついただけると幸いでございます。

では、失礼いたします。